キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2015/11/12
低用量ピルとコンドームの違いを新規投稿しました。
◆2015/11/12
太ることはあっても頭痛や吐き気がないトリキュラーを新規投稿しました。
◆2015/11/12
生理前のイライラや疲労感を緩和するトリキュラーを新規投稿しました。
◆2015/11/12
避妊薬の中でも価格が安いトリキュラーを新規投稿しました。
◆2015/11/12
月経周期を見事にコントロールするトリキュラーを新規投稿しました。

低用量ピルとコンドームの違い

no_image

大人の女性にとって欠かせないのが避妊の準備です。思わぬ妊娠で人生が大きく狂ってしまうかもしれません。トリキュラーなどのピ

太ることはあっても頭痛や吐き気がないトリキュラー

no_image

服用して大きな問題が起こることはほとんどありませんが、トリキュラーにも副作用が全くないわけではありません。きちんと理解し

生理前のイライラや疲労感を緩和するトリキュラー

no_image

低用量ピルのもっとも期待されているのは避妊効果ですが、トリキュラーには他にも女性には嬉しい副効用があります。 月経

低用量ピルとコンドームの違い

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る

大人の女性にとって欠かせないのが避妊の準備です。思わぬ妊娠で人生が大きく狂ってしまうかもしれません。トリキュラーなどのピルと、コンドームとの違いを知っておくことは大切なことです。

ピルは女性が自分でできる避妊方法です

女性が自分自身でコントロールできることがピルのメリットです。コンドームは、手に入れやすく使用方法も簡単なので、よりポピュラーな避妊方法ですが、男性の協力がなければ避妊ができません。ピルなら飲み忘れにさえ注意すればほぼ確実に避妊が可能です。

デメリットは、毎日決まった時間に飲み続けなくてはならないことや、すぐに避妊できるわけではないことです。ただ、女性が自分の身を守れるという観点からは、ピルを利用する価値は大きいと言えるでしょう。

コンドームはSTD(性感染症)の予防に効果がある

一方で、病気の予防という点からは、コンドームの方が有益です。STDは、粘膜を通して菌やウィルスが体内に侵入するため、粘膜同士を遮断する必要があります。そのため、ピルを飲むだけでは全く効果がありません。コンドームは避妊できるだけでなくSTDを防止できるという点において、優れていると言えます。

ピルとコンドームは、併用することで避妊効果が高まるだけでなく、STDの予防にもなります。性行為のときは併用することが望ましいと言えます。

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る

▲PAGE TOP
Copyright(c) 2017 Gallery In Redchurch Street All Rights Reserved.